きらら室根山天文台

きらら室根山天文台

写真 室根山展望台全景

はじめに

 きらら室根山天文台は、平成3年度岩手県の事業で行われた室根山展望台休憩所の改築へ、 平成4年度に、当時の室根村により、室根高原ふるさと自然公園室根山国民休養地施設整備事業 として、天文知識の普及と科学教育の振興を図る目的で、併設されました。

現在、天文台(ドーム及び天体望遠鏡)の設置及び運営については、「一関市室根山 天文台条例」により規定され、展望台の建物の管理についても県から施設管理委託を 受けて、一関市が行っています。

尚、冬季中においては、雪で道路が寸断されることもあり、閉鎖を余儀なくされます。 一年中で最も夜空の透明度が高い時期にシーズンオフという歯痒さを持ち合わせている からこそ、公開期間中が、より貴重なものとなっています。

各種イベント

 きらら室根山天文台も、多くの公開天文台と同様に、例年の天体ショー(*1)や 突発的な天体イベント、及び、小・中学校の長期休暇に合わせて、いろいろな企画を 実施してまいりました。

今後も、野外活動で利用したい場合などございましたら、お気軽に御相談下さい。

(*1) 代表的な流星群等は、毎年同様の活動を示しますが、天候は勿論の事、 月の出没のタイミングで観測を阻まれたりします。


11月14日(月) の お知らせ

室根山紅葉

 “スーパームーン”は学術的用語ではありませんが、夜空を見る機会なので、夜の部を臨時開館します。

天体望遠鏡では、倍率を一定して見ていることで、日常的に視野内の占有率が変化して遠近を感じます。

ただ、スーパームーンも月食も、満月が前提になるので、影を捕らえることができません。

月面を観望するには、立体感に乏しい状態です。



5月31日(火) の お知らせ

天文台

 5月31日は、火星が今シーズンで最も接近します。

火曜日は当館の休館日に当たりますが、臨時開館いたします。

平日ですので、天気と体力と気力に相談のうえ、ご来館ください。

6月3日に衝を迎える土星とまだまだ見頃の木星も楽しめます。



5月5日(木) の お知らせ

展望台からの眺望

 子供の日は、小中学生が、無料になります。

晴れている時には望遠鏡で観望します。

天候が悪ければ望遠鏡についてご説明します。

展望台からの眺望を楽しんだ後にでも、気軽にお立ち寄りください。



西暦2016(平成28)年度 公開 の お知らせ

登山口より室根山を望む

 4月10日(日)は室根山山開き

きらら室根山天文台の一般公開も、今シーズンスタート

山開き協賛及びシーズン初日としまして、当日は無料公開






                      上へ戻る▲

ロゴ| About Us | Site Map | Privacy Policy | Contact Us | ©2011 Kirara Astronomical Observatory on Mt.Murone